ヘッドラインニュース

昨年の健食企業倒産、過去5年で最悪の31件

 2006年の健康食品企業の倒産件数は製造・卸・小売のいずれの業態も過去5年間で最多となったことが、帝国データバンクが12日に公表した調査結果からわかった。異業種からの市場参入による競争の激化や、法令違反のケースが社会的に問題視されたことなどが背景にある。→続きは『健康産業速報』第1111号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 応微研、民事再生手続き開始申立
  2. 健食の消費者ニーズ調査、7割が「効果」重視
  3. バイアスラボラトリーズ、「BOWS」大幅リニューアル
  4. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  5. 厚労省、健食関連の予算増加
  6. 特保10品許可、合計550品突破
  7. 新開発食品保健対策室の責任者に増田氏が就任 室長ポストは空席に
  8. CoQ10健食から医薬品成分
PAGE TOP