ヘッドラインニュース

昨年の健食企業倒産、過去5年で最悪の31件

 2006年の健康食品企業の倒産件数は製造・卸・小売のいずれの業態も過去5年間で最多となったことが、帝国データバンクが12日に公表した調査結果からわかった。異業種からの市場参入による競争の激化や、法令違反のケースが社会的に問題視されたことなどが背景にある。→続きは『健康産業速報』第1111号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 健食安全性検討会 7月10日初会合 業界の自主的対応に期…
  2. 特別レポート 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフリー」席巻 【特別レポート】 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフ…
  3. 日本予防医薬、抗疲労特保を申請
  4. 特保の7割が市販後情報を収集
  5. ADM、有機大豆の原料供給開始
  6. ビタミンC価格高騰、今秋「再値上げ」の懸念も
  7. 永谷園が健康飲料市場に参入、女性向け「梅ぼし飲みたい」
  8. 健康博覧会、あす16日開幕
PAGE TOP