ヘッドラインニュース

昨年の健食企業倒産、過去5年で最悪の31件

 2006年の健康食品企業の倒産件数は製造・卸・小売のいずれの業態も過去5年間で最多となったことが、帝国データバンクが12日に公表した調査結果からわかった。異業種からの市場参入による競争の激化や、法令違反のケースが社会的に問題視されたことなどが背景にある。→続きは『健康産業速報』第1111号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. AOU研究会、日本発の抗酸化指標確立に向け始動
  2. 「機能性表示」消費者庁、専門窓口設置
  3. 通販協調査、健食含む「食料品」の伸び率が今年最高に
  4. 都発表、台湾産健康飲料から医薬品成分
  5. ゲン・コーポレーション、歯垢抑制素材を開発
  6. CRN−J、健食の原材料情報書で第2報 11月に発行
  7. 総医研、クリニカルトラストと資本・業務提携
  8. 健食支出、高齢者が下支え
PAGE TOP