ヘッドラインニュース

厚労省 西洋ハーブ、OTC化に道 欧州医薬品、日本進出も 健食市場に影響必至

 厚生労働省が一般用医薬品としての西洋ハーブの取り扱いに関して、承認申請の際に海外データの転用を認める方針を固めたことで、海外で流通する西洋ハーブOTCが近い将来にも国内市場に登場する可能性が高くなってきた。イチョウ葉やノコギリヤシ、メリロート、シリマリン、セントジョンズウォート、バレリアンなどの西洋ハーブが薬効をうたえるOTCとして認められれば、健康食品業界にとっては脅威。→続きは『健康産業速報』第1114号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. エコナ問題で課長級会議
  2. スギ薬局とイオン、業務・資本提携を解消
  3. 都、連鎖販売事業者の実態調査
  4. がん患者の健食摂取状況 アガリクスなど支持
  5. 日健栄協、 05年度特保市場規模 11%増の約6,300億円
  6. ヤクルト本社、順天堂大に寄付講座
  7. 機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加
  8. 4・13事務連絡、解釈をめぐり都道府県に温度差
PAGE TOP