ヘッドラインニュース

厚労省 西洋ハーブ、OTC化に道 欧州医薬品、日本進出も 健食市場に影響必至

 厚生労働省が一般用医薬品としての西洋ハーブの取り扱いに関して、承認申請の際に海外データの転用を認める方針を固めたことで、海外で流通する西洋ハーブOTCが近い将来にも国内市場に登場する可能性が高くなってきた。イチョウ葉やノコギリヤシ、メリロート、シリマリン、セントジョンズウォート、バレリアンなどの西洋ハーブが薬効をうたえるOTCとして認められれば、健康食品業界にとっては脅威。→続きは『健康産業速報』第1114号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 特保一挙14品、計581品目に 規格基準型も誕生
  2. 議連「健食問題研究会」、健食認証システムを議論
  3. 九州沖縄農業研究センター、カンショのルテインを分析
  4. コロソリン酸がメタボリック症候群に有効 動脈硬化学会
  5. 「クリーンラベル」拡大、米ナチュラルエキスポ
  6. JIHFS、原材料GMP第1号に甲陽ケミカル
  7. 農水省調査、「クロレラ知らない」は1%
  8. サントリー、「黒烏龍茶」類似品めぐり2社を提訴
PAGE TOP