ヘッドラインニュース

CoQ10等の作用検証 遺伝子発現解析で 来年にも公表

 国立医薬品食品衛生研究所は、CoQ10やアガリチンなどの食品成分を含む90種類の化学物質について、DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析を行い、作用を予測する研究プロジェクトを推進、6日の「食品安全フォーラム」(主催・日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会)でその概要が報告された。→続きは『健康産業速報』第1084号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査
  2. 食品免疫学会 初の学術大会に300人超
  3. 特保市場、4%増の6,300億円に
  4. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
  5. 米FTC、フーディア製品を相次ぎ摘発
  6. 1230号(2008年5月23日号)配信
  7. アオバナ等、4成分「非医」に 厚労省、食薬区分改正を通知
  8. 機能性表示食品、健食の「危害」報告
PAGE TOP