ヘッドラインニュース

IADSA 17日にサプリ国際会議 各国で健食法整備進む 日本に「出遅れ感」

 IADSA(国際栄養補助食品業界団体連合会)が主催する「栄養補助食品国際ワークショップ」が17日、パシフィコ横浜で開催され、各国から250人が集まった。米国やEU、ASEANの行政担当官らがそれぞれサプリメントにかかわる法整備の進捗状況を報告。→続きは『健康産業速報』第1121号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 40-74歳男性、予備群含め2人に1人がメタボ症候群
  2. 16年度、健食苦情3割増、定期購入契約の相談増加
  3. 健食表示検討会の論点整理案が判明
  4. 日健栄協 健康安全性ガイドライン 業界統一案まとまる 厚労省検討…
  5. 福井県が来月講演会、「長寿の秘訣」を伝授
  6. 特別レポート 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフリー」席巻 【特別レポート】 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフ…
  7. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  8. 森川健康堂、「水溶化プロポリスエキス」の開発に成功
PAGE TOP