ヘッドラインニュース

IADSA 17日にサプリ国際会議 各国で健食法整備進む 日本に「出遅れ感」

 IADSA(国際栄養補助食品業界団体連合会)が主催する「栄養補助食品国際ワークショップ」が17日、パシフィコ横浜で開催され、各国から250人が集まった。米国やEU、ASEANの行政担当官らがそれぞれサプリメントにかかわる法整備の進捗状況を報告。→続きは『健康産業速報』第1121号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 表示政策、政党間に温度差
  2. 議連「健食問題研究会」、安全性の盲点を議論
  3. アピ、揖斐川工場が今夏稼動 健食受託急増に対応
  4. 「食とメタボ」シンポに230人
  5. 厚労科学研究、「α-リポ酸でメタボリック症候群予防」
  6. 公取委、やずやに排除命令 香醋の広告表示で
  7. 福井、島根など6県 サプリ開発で地域活性化 健食企業の立地推進
  8. 加工食品の原料原産地表示、生産者と製造者火花散らす
PAGE TOP