ヘッドラインニュース

IADSA 17日にサプリ国際会議 各国で健食法整備進む 日本に「出遅れ感」

 IADSA(国際栄養補助食品業界団体連合会)が主催する「栄養補助食品国際ワークショップ」が17日、パシフィコ横浜で開催され、各国から250人が集まった。米国やEU、ASEANの行政担当官らがそれぞれサプリメントにかかわる法整備の進捗状況を報告。→続きは『健康産業速報』第1121号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委…
  2. 食品開発展、大盛況 4万人以上が来場 新素材続々、市場活性化へ
  3. 通販企業、4割強が健康食品販売
  4. 財務省 輸入通関統計 台湾産クロレラが順調 1-7月累計、5%増…
  5. 機能性表示で「SRのSR」 研究の”質”評価 東農大・上岡氏、J…
  6. ブラックコホシュの活性成分、85年間不変
  7. 電通、注目商品5位に「寒天」 CoQ10は女性に支持
  8. ビタミンC、「数回に分けた摂取が効果的」 ファンケル調査
PAGE TOP