ヘッドラインニュース

食品開発展 783小間、アジア最大規模の素材展に

 機能性素材の国際的な展示会「食品開発展2005」が7日に閉幕、5日からの3日間で約4万5000人が来場した。第16回目となる今回は、20カ国から482社が出展。開催規模は前年比15%増の783小間で過去最大となった。機能性素材、受託加工、各種機器などに関する代表的な企業が勢ぞろいし、各社が食品開発展に焦点を絞って開発した新商材・技術をPRした。

関連記事

  1. 政治動向、健食関連法改正に影響
  2. 米ホールフーズ、同社最大の新本店を来月オープン
  3. 健食原材料価格など上昇 コストアップ深刻に 利益圧迫、受託企業に…
  4. JAMA、「カロリー25%カットで寿命が延びる?」
  5. 日健栄協 賀詞交歓会に約400人
  6. 「抗加齢ドック」が誕生 老化度を検査
  7. 議連・健食問題研究会 地域経済活性化で意見交換 長勢前法相も出席…
  8. 経産省 健食ネット表示で「ルール」規定
PAGE TOP