ヘッドラインニュース

食品開発展 783小間、アジア最大規模の素材展に

 機能性素材の国際的な展示会「食品開発展2005」が7日に閉幕、5日からの3日間で約4万5000人が来場した。第16回目となる今回は、20カ国から482社が出展。開催規模は前年比15%増の783小間で過去最大となった。機能性素材、受託加工、各種機器などに関する代表的な企業が勢ぞろいし、各社が食品開発展に焦点を絞って開発した新商材・技術をPRした。

関連記事

  1. ミツバ貿易、サージの化粧品提案強化
  2. 新制度めぐり困惑広がる
  3. EU、ヘルスクレームで前進 アガリクスの免疫表示申請 英FSAが…
  4. サンライフ、クロレラベースに新規美容素材を開発
  5. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  6. 脂肪排出素材で“効果アリ” リコム、「キトグルカン」の作用証明
  7. 家計調査・健食支出、4ヵ月連続で前年同月上回る
  8. 白鳥製薬、花粉サプリメント本格展開へ
PAGE TOP