ヘッドラインニュース

農業白書、19年度施策方針示す 新食品開発で需要創造 健康食品の有効性評価も

 政府は25日、「平成18年度食料・農業・農村白書」を閣議決定した。白書は3章構成で、食料分野では食品産業活性化に向けた取り組みを盛り込んだ。また、19年度施策として、新食品や新素材を開発して需要を創造する方針などを打ち出した。→続きは『健康産業速報』第1131号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 九州自然食品協同組合、健康食品フェアに200人
  2. 公取委、景表法の表示違反に課徴金を導入 独禁法を改正
  3. D&Bフェア開幕、前回比8%増の2万7000人が来場
  4. 「新潟県健康ビジネス協議会」発足
  5. 「ビルベリーで脚のむくみ改善」 ブルーベリー国際シンポで
  6. 自民党、改正特商法案「勧誘の意思確認」を努力規定に
  7. エグゼ会議で提言
  8. 「αリポ酸協会」が設立
PAGE TOP