ヘッドラインニュース

農業白書、19年度施策方針示す 新食品開発で需要創造 健康食品の有効性評価も

 政府は25日、「平成18年度食料・農業・農村白書」を閣議決定した。白書は3章構成で、食料分野では食品産業活性化に向けた取り組みを盛り込んだ。また、19年度施策として、新食品や新素材を開発して需要を創造する方針などを打ち出した。→続きは『健康産業速報』第1131号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ミャンマー薬用植物、実用栽培スタート
  2. 厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三…
  3. 厚労省 妊婦の食生活指針作成へ
  4. 東洋新薬、大正製薬と健食等開発の合弁会社
  5. 本社調査、4割強が「健食業界、勝ち負けの二極化進む」と回答
  6. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  7. 開催概要固まる 11%増の860小間で過去最大 10月4日開幕
  8. 27日から健康科学学会
PAGE TOP