ヘッドラインニュース

農業白書、19年度施策方針示す 新食品開発で需要創造 健康食品の有効性評価も

 政府は25日、「平成18年度食料・農業・農村白書」を閣議決定した。白書は3章構成で、食料分野では食品産業活性化に向けた取り組みを盛り込んだ。また、19年度施策として、新食品や新素材を開発して需要を創造する方針などを打ち出した。→続きは『健康産業速報』第1131号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 農研機構 農産物9品のレビュー 緑茶、大麦、魚、大豆など
  2. 三菱商事、ファーマフーズと生産・販売面で提携
  3. 葉酸サプリ、有効性めぐり海外で論争勃発
  4. 文科省研究班、機能性食品の評価法を開発
  5. ハウス食品、武田食品の飲料・健食事業を子会社化
  6. 食品機能性評価支援センター、来月10日に開所式
  7. 改正消費者契約法が成立、不当表示にも消費者団体訴訟を適用
  8. 食品安全委 アガリクス安全性問題 アガリチンは「シロ」 追加試験…
PAGE TOP