ヘッドラインニュース

アンチエイジング国際シンポ、「骨粗鬆症予防で抗動脈硬化」

 健康科学大・折茂氏が報告
 米国アンチエイジング医学会(A4M)が日本で初めて公式開催する「第1回アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京2006」が16日から18日、お台場のホテルグランパシフィックメリディアンで開催され、3日間で9500人が参加した。→続きは「健康産業速報」第1036号で!

関連記事

  1. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
  2. スペインで健康素材展「HIE」
  3. Ca摂取していても骨密度減少? 吸収率やホルモンが影響
  4. 経産省、健康サービスで認証制度
  5. 本社調査、4割強が「健食業界、勝ち負けの二極化進む」と回答
  6. 家計調査、健食8%増、無職世帯は減少
  7. 米、サプリ健康被害報告を義務化
  8. 国立栄研、医薬基盤研究所と統合
PAGE TOP