ヘッドラインニュース

厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査

 健康食品による健康被害の実態を文献検索から探った厚生労働科学研究の平成18年度報告書がまとまった。主任研究者は国立健康・栄養研究所の梅垣敬三氏。研究班では、健康食品は有効性だけが強調され、安全性に関する関心・配慮が不足していることを指摘。→続きは『健康産業速報』第1134号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 改正特商法を閣議決定、メール広告など規制
  2. 健康博覧会 セミナープログラム決定
  3. ダイエット&ビューティー展開幕 出展規模5割増の550小間
  4. 医療関係者の7割、患者の健食摂取で「中止促すケースも」
  5. 農芸化学会、28日から札幌で
  6. 天真堂、機能性表示OME事業に参入
  7. 経産省、「PHRシステム」で健康情報活用
  8. 千葉県、生活習慣病の予防・早期診断システム構築へ
PAGE TOP