ヘッドラインニュース

厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査

 健康食品による健康被害の実態を文献検索から探った厚生労働科学研究の平成18年度報告書がまとまった。主任研究者は国立健康・栄養研究所の梅垣敬三氏。研究班では、健康食品は有効性だけが強調され、安全性に関する関心・配慮が不足していることを指摘。→続きは『健康産業速報』第1134号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 神奈川県警、薬事法違反容疑で健食販売企業の2人を逮捕
  2. 中医協 医療機関での栄養食品販売 解禁に向け前進
  3. アピ、ローヤルゼリーで特保申請
  4. バイオケム、飲料用核酸の供給量が倍増
  5. 経産省・農水省 機能性食品等の開発支援 新法案を今国会へ提出
  6. 自民党・消費者問題調査会が発足 縦割り行政にメス
  7. バイオアクティブズ、カロテノイド原料の供給開始
  8. 都、試買調査でニセ薬発見
PAGE TOP