ヘッドラインニュース

総務省 家計調査4月 健食支出額、増加傾向に 前年同月比はマイナス

 健康食品の支出額が、2月から4月まで右肩上がりに増加していることが、総務省が5日に発表した4月の家計調査でわかった。前年同月比では9・6%減と再度前年を割り込んでおり、景気低迷は完全に脱しきれていないものの、健康食品の受託製造企業の半数が今年後半に経営状況が改善すると予想するなど(速報1133号1面参照)、市場には、楽観論が広がっている。→続きは『健康産業速報』第1134号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. SR検証でプロジェクト始動 学識者が適正性を評価
  2. 議連・健食問題研究会 地域経済活性化で意見交換 長勢前法相も出席…
  3. 規制改革推進計画を閣議決定、混合診療の全面解禁遠のく
  4. 中国地方の健食市場 2割増の800億円に 自然食品が牽引
  5. メタボリック症候群、中高年男性に蔓延
  6. 食品開発展が開幕、「ロコモ」対応が増加
  7. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
  8. 厚労省 健食安全性検討会が初会合 「GMP、国の制度に」 JIH…
PAGE TOP