ヘッドラインニュース

総務省 家計調査4月 健食支出額、増加傾向に 前年同月比はマイナス

 健康食品の支出額が、2月から4月まで右肩上がりに増加していることが、総務省が5日に発表した4月の家計調査でわかった。前年同月比では9・6%減と再度前年を割り込んでおり、景気低迷は完全に脱しきれていないものの、健康食品の受託製造企業の半数が今年後半に経営状況が改善すると予想するなど(速報1133号1面参照)、市場には、楽観論が広がっている。→続きは『健康産業速報』第1134号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米、抗酸化サプリの有用性議論で火花
  2. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
  3. 国セン調査、健食の危害情報が減少
  4. 健食広告で規制改革要望、「ISO並の業界標準を」
  5. 「Mgがメタボリック症候群に有用」 米の15年追跡調査で
  6. 食品免疫学会が初シンポ、「TLR」「粘膜免疫」などに注目
  7. 特保計689品に、疾病リスク低減型も誕生
  8. 菅俣粉体工業、50種類以上の有機JAS原料調達
PAGE TOP