ヘッドラインニュース

「特保制度の廃止を」 食品安全モニターが提言

 食品安全委員会は3日、6月に寄せられた食品安全モニターからの報告をとりまとめた。福岡県の57歳男性は、現状の特定保健用食品制度について、「食品メーカーに思うように使われ、消費者の健康を逆に脅かしているように思う」と指摘。→続きは『健康産業速報』第1151号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜
  2. グルコサミン研究会が初会合、医療従事者も注目
  3. 健康博覧会記念セミナー 厚労省・増田氏が登壇 スギ花粉健食問題 …
  4. 公取委、健康志向タマゴに監視の目
  5. がん代替療法の支出額 年間9,000億円以上に 筑波大・兵頭氏が…
  6. 健食懇、「健康食品の安全性自主基準」で5団体に説明
  7. 本草製薬、ISETAN新宿店に進出 サプリブランド立ち上げ
  8. 家計調査 05年・健食月額支出 15%増の1429円
PAGE TOP