ヘッドラインニュース

厚労省、既存添加物名簿から32成分を削除

 厚生労働省は3日、既存添加物名簿の一部を改正する件を官報で告示、既存添加物32成分を削除すると発表した。9月11日から適用する。名簿から削除された添加物は、販売、製造、輸入、加工、使用が禁止されることになる。→続きは『健康産業速報』第1151号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 疫学会、25日から都内で 緑茶の有用性明らかに がん・死亡リスク…
  2. 1242号(2008年7月4日号)配信
  3. 都、「健康安全研究センター」を再構築へ
  4. 国センが注意喚起 血液検査後に健食等販売 医師法違反の疑い事例も…
  5. 「機能性表示」検討会 栄養成分を議論 糖類・糖質、追加の有力候補…
  6. 「食」ビジネス、医療・介護分野に拡大
  7. ノエビア決算、RJ健食が売上に寄与
  8. 東京都 健食表示の規制強化
PAGE TOP