ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 業界団体が意見陳述 健食の法制化を要求 GMPの統一、義務化も

 厚生労働省は6日、「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」の第2回会合を開催、健康食品の業界団体を含む6団体が意見陳述を行った。ヒアリングには計12団体の応募があり、残る6団体の意見陳述は9月をメドに開催する次回会合になる。→続きは『健康産業速報』第1151号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収
  2. 農水省、ゲノム情報統合で機能性食品開発などに利用
  3. 厚労省、ブラックコホシュの利用で注意喚起
  4. 森永乳業、ビフィズス菌で花粉症緩和
  5. 経団連 政府に規制改革要望 健食表示の拡充迫る 4・13事務関連…
  6. 厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加
  7. 17年国勢調査速報 高齢者人口、21%に上昇 世界最高の水準
  8. 機能性表示食品を検証 「地域振興に」「健食のレベル向上」
PAGE TOP