ヘッドラインニュース

健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定

 スギ花粉を使用した健康食品「パピラ」の摂取で、和歌山県の女性が一時意識不明の状態に陥った問題で、厚生労働省は同品が医薬品に該当し、承認・許可なく製造販売することは薬事法違反になるとの見解を示した。「パピラ」は、山形市の「健森」が製造・販売していた健康食品。スギの若い雄花の芽を採取・摘果後、蒸気殺菌、乾燥、粉砕し、カプセルに充填したもの。→続きは『健康産業速報』第1107号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. がん代替医療で健食を検証
  2. ロート製薬、乳酸菌成分の美白効果を確認
  3. 米、ノコギリヤシ原料の偽物が問題に
  4. 国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で
  5. 国セン 業務の抜本的見直しへ 商品テストの外部化も 内閣府の検討…
  6. 厚労省 農薬ポジティブリスト制 来年5月29日スタート
  7. チャオグループ、3月30日に民事再生申請
  8. 09年の通販購入商品、健食は21.7%
PAGE TOP