ヘッドラインニュース

健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定

 スギ花粉を使用した健康食品「パピラ」の摂取で、和歌山県の女性が一時意識不明の状態に陥った問題で、厚生労働省は同品が医薬品に該当し、承認・許可なく製造販売することは薬事法違反になるとの見解を示した。「パピラ」は、山形市の「健森」が製造・販売していた健康食品。スギの若い雄花の芽を採取・摘果後、蒸気殺菌、乾燥、粉砕し、カプセルに充填したもの。→続きは『健康産業速報』第1107号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. CMPグループ主催のHiE閉幕、カーギルの機能性甘味料に金賞
  2. 食事バランスガイド、「健食に頼らないで」
  3. 都、健康食品データベースを開設
  4. 経団連 政府に規制改革要望 健食表示の拡充迫る 4・13事務関連…
  5. アガリクスブラゼイ協議会 NPO法人として申請へ 日健栄協とも連…
  6. 食品安全委 新開発食品専門調査会 アガリクスの作業部会設置
  7. 上半期家計調査、健食支出15%増
  8. 家計調査9月 健食支出、回復傾向鮮明に 前年同月比18.8%増
PAGE TOP