ヘッドラインニュース

健食の健康被害件数が激減

 健康食品による健康被害報告数が年々減少、平成18年度は中国製ニセ健食問題のあった平成14年度から9割以上激減したことが、厚生労働省が10日に発表した施策の実績評価書でわかった。厚労省は同日付で評価書を総務省に送付した。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. マンナンフーズ、民事再生手続きを申請
  2. マルチ取引の相談増加 健食の悪用目立つ 警察庁などへ情報提供
  3. 米FTC ダイエット健食の広告調査
  4. 大正製薬、健食新ブランド立ち上げへ
  5. 食品安全委、大豆イソフラボン評価書案 上限値は変更なし
  6. 自民党、参院選公約に「機能性食品の開発・商品化」
  7. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  8. 改正独禁法案を閣議決定、健食メーカーにも規制の網
PAGE TOP