ヘッドラインニュース

健食の健康被害件数が激減

 健康食品による健康被害報告数が年々減少、平成18年度は中国製ニセ健食問題のあった平成14年度から9割以上激減したことが、厚生労働省が10日に発表した施策の実績評価書でわかった。厚労省は同日付で評価書を総務省に送付した。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 【イベント】2006年10月4日、サイモン・ペットマン氏特別講演…
  2. 1247号(2008年7月23日号)配信
  3. エグゼクティブ会議、29日に初会合
  4. 初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート
  5. 食品安全委 アガリクス問題で調査会 試験結果、8月にも報告 安全…
  6. 8都県市首脳会議、原料原産地表示の対象拡大を国に要望
  7. 消費者庁 特保表示で「Q&A」
  8. 都、来年度予算要求 引き続き健食対策も
PAGE TOP