ヘッドラインニュース

健食の健康被害件数が激減

 健康食品による健康被害報告数が年々減少、平成18年度は中国製ニセ健食問題のあった平成14年度から9割以上激減したことが、厚生労働省が10日に発表した施策の実績評価書でわかった。厚労省は同日付で評価書を総務省に送付した。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 協和発酵、国内製造シトルリン使用のサプリを上市
  2. 経産省 健食ネット表示で「ルール」規定
  3. 家計調査6月、健食支出が今年最低額を記録
  4. 厚労省 アガリクス問題で前進 安全性試験が大詰め 今月末にも最終…
  5. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  6. 焼津水産、中国に子会社設立 機能性食品素材など製造
  7. 食品成分表、増補版の発行決定 VE関連など新規収載
  8. 経産省支援事業、健食開発課題など採択
PAGE TOP