ヘッドラインニュース

健食の健康被害件数が激減

 健康食品による健康被害報告数が年々減少、平成18年度は中国製ニセ健食問題のあった平成14年度から9割以上激減したことが、厚生労働省が10日に発表した施策の実績評価書でわかった。厚労省は同日付で評価書を総務省に送付した。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ダイエット食品のニーズが分散? メタボリックが調査
  2. 9月度通販売上高  健食含む食料品、再び減少
  3. 日健栄協 賀詞交歓会に約400人
  4. オリザ油化、α−リポ酸のダイエット効果で新知見
  5. 厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加
  6. 厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定な…
  7. 厚労省 食薬区分を改正
  8. ジアシルグリセロールの安全性、あすの調査会で検討
PAGE TOP