ヘッドラインニュース

厚労省 アガリクス問題で前進 安全性試験が大詰め 今月末にも最終報告書

 厚生労働省が中心となって進めているアガリクスの安全性試験が大詰めを迎えている。アガリクスの安全性については、昨年2月に特定の商品で問題が表面化したことを受け、国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センターが「アガリチンのトランスジェニックラットを用いる遺伝子突然変異試験」を同12月から実施。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米IFT(7/29~31) 約千社が出展 ベリー等、果実素材目立…
  2. 薬学会、26日から横浜で アガリクスの報告相次ぐ 一般発表、過去…
  3. ビタミン学会、経産省・江崎氏、米ODSら講演
  4. ロート製薬、ファーマフーズと提携
  5. 新食事摂取基準、米国の概念を全面導入
  6. 酵素・酵母食品市場が拡大
  7. ナチュラルグループ本社、全国総会盛大に
  8. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
PAGE TOP