ヘッドラインニュース

厚労省 アガリクス問題で前進 安全性試験が大詰め 今月末にも最終報告書

 厚生労働省が中心となって進めているアガリクスの安全性試験が大詰めを迎えている。アガリクスの安全性については、昨年2月に特定の商品で問題が表面化したことを受け、国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センターが「アガリチンのトランスジェニックラットを用いる遺伝子突然変異試験」を同12月から実施。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 癌学会、28日から横浜で 健食素材の有効性発表多数 フコイダン、…
  2. 原産地表示義務化、消費者庁、意見募集
  3. 自民党、「がん対策推進基本計画案」了承 健食の情報提供へ
  4. 明治製菓、子会社のメイプ解散へ
  5. キリンとヤクルト、機能性食品事業で提携
  6. 厚労省 4・13健食表示規制問題 事務連絡第二弾、見送りに 「市…
  7. 経産省支援事業、各地で健康産業振興 特保開発も
  8. カテキンがアトピー性皮膚炎に有効
PAGE TOP