ヘッドラインニュース

厚労省 アガリクス問題で前進 安全性試験が大詰め 今月末にも最終報告書

 厚生労働省が中心となって進めているアガリクスの安全性試験が大詰めを迎えている。アガリクスの安全性については、昨年2月に特定の商品で問題が表面化したことを受け、国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センターが「アガリチンのトランスジェニックラットを用いる遺伝子突然変異試験」を同12月から実施。→続きは『健康産業速報』第1153号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 46通知改正へ、「機能性表示食品」は医薬品と判断せず
  2. 食品開発展が4日開幕、国内外から注目
  3. キリン堂中間期、健食売上14%減 CoQ10需要低迷
  4. 消費者委員会、健食制度見直しで議論開始
  5. インデナ、新素材「カキネガラシ」の提案開始
  6. 総務省 家計調査3月 健食支出額、2%増に 市場回復に期待感
  7. 理研と阪大、亜鉛の機能で新発見 「免疫応答を制御」
  8. 食品安全委の添加物調査会、ジアシルグリセロールの安全性検討
PAGE TOP