ヘッドラインニュース

抗疲労特保、ターゲットは「デスクワークによる疲れ」

 食品CROの総合医科学研究所(06・6871・8888)が主催する機能性食品開発をテーマにしたセミナーが13日、都内で開催された。同セミナーでは、東京大学大学院教授の門脇孝氏、梶田眼科院長の梶田雅義氏、大阪市立大学教授の梶本修身氏、神戸大学名誉教授の市橋正光氏ら各分野の専門家により、抗疲労対応の特定保健用食品と疲労の評価法や、メタボリックシンドローム対策、アンチエイジングをコンセプトにした食品開発の方向性などが紹介された。→続きは『健康産業速報』第1161号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. IADSA・ペットマン氏が来日 EU、健食の統一規定作成へ 世界…
  2. 経産省支援事業、各地で健康産業振興 特保開発も
  3. 高齢者3500万人突破 サプリ支出,65歳未満の2倍超 ネット通…
  4. 通販協調査、健食含む「食料品」売上高6%増と好調
  5. sokuhou07 上半期のDgS健食販売額4.7%増
  6. 富士経済調査、ポストCoQ10となる素材は?
  7. アガリクス協議会、議連の支援など来年度活動計画を発表
  8. 07年輸入通関速報、クロレラ前年割れ
PAGE TOP