ヘッドラインニュース

抗疲労特保、ターゲットは「デスクワークによる疲れ」

 食品CROの総合医科学研究所(06・6871・8888)が主催する機能性食品開発をテーマにしたセミナーが13日、都内で開催された。同セミナーでは、東京大学大学院教授の門脇孝氏、梶田眼科院長の梶田雅義氏、大阪市立大学教授の梶本修身氏、神戸大学名誉教授の市橋正光氏ら各分野の専門家により、抗疲労対応の特定保健用食品と疲労の評価法や、メタボリックシンドローム対策、アンチエイジングをコンセプトにした食品開発の方向性などが紹介された。→続きは『健康産業速報』第1161号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 欧州食品素材展「FiE」 コラーゲンの機能性に注目
  2. ロート製薬、新研究所で特保など開発
  3. 相模原北署、CoQ10販売の業者を薬事法違反で書類送検
  4. 厚労省・予算概算要求 健食対策で新規事業
  5. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
  6. 応微研が債権者説明会、「プロポリスで自力再建目指す」
  7. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査結果を発表
  8. サン・クロレラ、「クロレラが妊産婦のダイオキシン排泄」
PAGE TOP