ヘッドラインニュース

公取委、景表法の表示違反に課徴金を導入 独禁法を改正

 公正取引委員会が来年の通常国会で早期成立を目指す独占禁止法改正法案で、現行法でカルテル行為や談合などに課される違反金(課徴金)の対象が景品表示法の「不当表示」や独禁法「優越的地位の乱用」などまで拡大される見通しとなった。→続きは『健康産業速報』第1171号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食薬区分改正案で意見募集「非医薬品」に5成分追加へ
  2. プロポリス市場、300億円で横ばい
  3. 06年特保市場規模、6%増の6700億円に
  4. 医師会から見た健康食品とは? 丹羽氏が指摘
  5. エコナ問題、特保制度に波及
  6. 梅エキスに胃がん予防効果
  7. アピ、揖斐川工場が今夏稼動 健食受託急増に対応
  8. 神奈川県警、薬事法違反で健食企業社員2人逮捕
PAGE TOP