ヘッドラインニュース

公取委、景表法の表示違反に課徴金を導入 独禁法を改正

 公正取引委員会が来年の通常国会で早期成立を目指す独占禁止法改正法案で、現行法でカルテル行為や談合などに課される違反金(課徴金)の対象が景品表示法の「不当表示」や独禁法「優越的地位の乱用」などまで拡大される見通しとなった。→続きは『健康産業速報』第1171号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. コジマ、沖縄1号店をオープン 健食販売も
  2. 健康素材展「HiE」、430社が出展
  3. 特保、ついに700品突破
  4. 初の疾病リスク低減型特保、許可に向け大きく前進
  5. 農水省 地域食品の効果解明に本腰 機能評価法の手引き作成へ
  6. 厚労省 残留農薬新制度が大詰め 11月に告示、来年5月実施
  7. 都、改正景表法の運用本格化 「活水器」の根拠資料要求
  8. 富士経済、「シルバー&シニアフード」の市場調査結果発表
PAGE TOP