ヘッドラインニュース

公取委、景表法の表示違反に課徴金を導入 独禁法を改正

 公正取引委員会が来年の通常国会で早期成立を目指す独占禁止法改正法案で、現行法でカルテル行為や談合などに課される違反金(課徴金)の対象が景品表示法の「不当表示」や独禁法「優越的地位の乱用」などまで拡大される見通しとなった。→続きは『健康産業速報』第1171号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 規制改革要望、6月1日から受付スタート
  2. 花王、「エコナ」一時販売自粛
  3. プロポリス市場、300億円で横ばい
  4. 九州沖縄農業研究センター、カンショのルテインを分析
  5. 浜理薬品工業、栄養機能食品の亜鉛サプリを上市
  6. イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 …
  7. DAGのリスク評価、がんセンターの試験結果待ちに
  8. 超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方…
PAGE TOP