ヘッドラインニュース

厚労省・大川広告専門官 健食の存在、真っ向否定 国際問題に発展する可能性も

 厚生労働省監視指導・麻薬対策課の広告専門官の大川創氏は17日、都内で開かれた「健康食品セミナー」(主催・NPO法人健康食品フォーラム)で健康食品の表示規制をテーマに講演し、“健康食品たたき”ともとれる同省の健食行政のスタンスを解説した。→続きは『健康産業速報』第1171号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 通関(確報)7月期 ローヤルゼリー伸び悩む
  2. 国立栄研、α−リポ酸のダイエット効果は「不明」と判断
  3. 血液検査商法、医師法逃れの新手法
  4. 中国地方の健食市場 2割増の800億円に 自然食品が牽引
  5. 農水省、機能性食品の事業化など支援
  6. 健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜
  7. 九州地域バイオクラスター推進協議会が27日発足
  8. 埼玉県、VE健食の商品テスト 所要量の28倍となる製品も
PAGE TOP