ヘッドラインニュース

ジアシルグリセロールの安全性、あすの調査会で検討

 食品安全委員会は22日、高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食品の安全性についての検討に着手した。DAGの発がんプロモーション(促進)作用を調べた厚生労働科学研究の中間報告がまとまり、厚労省が20日にリスク評価を依頼したことを受けてのもの。食品安全委員長の寺田雅昭氏は、「食塩もがんのプロモーターだが、食塩を食べるなとは言えない。一般的な概念としてのプロモーターをどう考えていくのか」と指摘。今回の件は多方面の分野の意見が必要であるとした。

関連記事

  1. 消費者が期待する特保は「疲労回復」「花粉症」 健食懇が報告
  2. 食品産業、8割が経営悪化
  3. 米ホールフーズ、同社最大の新本店を来月オープン
  4. 厚生労働科学研究 食薬区分見直しで報告書
  5. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  6. 米IFT、約2万人が来場 低GI食品が台頭
  7. ハウス食品、ウコンのアルコール代謝作用を実証
  8. 高齢者3500万人突破 サプリ支出,65歳未満の2倍超 ネット通…
PAGE TOP