ヘッドラインニュース

超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方等検討

 健康食品の新法制定へ向けて、超党派の衆参国会議員で組織する議員連盟「健康食品問題研究会」の初会合が20日、衆議院第一議員会館で開かれた。立法化を視野に入れ、消費者に対する健康食品の情報提供のあり方などについて、自民・公明・民主の国会議員が検討に乗り出した。→続きは『健康産業速報』第1181号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「クリーンラベル」拡大、米ナチュラルエキスポ
  2. 食品安全委、特保の安全性評価で新提案
  3. 京都大・大東氏、「ハナショウガ等に動脈硬化抑制作用」
  4. フジカ、サプリメント事業に着手
  5. 三菱商事、米国健食市場をM&Aのターゲットに
  6. 健食で健康被害? 死亡事例も報告
  7. 錠剤・カプセル「届出制」提言
  8. 食品安全委 ビタミン類のリスク評価
PAGE TOP