ヘッドラインニュース

超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方等検討

 健康食品の新法制定へ向けて、超党派の衆参国会議員で組織する議員連盟「健康食品問題研究会」の初会合が20日、衆議院第一議員会館で開かれた。立法化を視野に入れ、消費者に対する健康食品の情報提供のあり方などについて、自民・公明・民主の国会議員が検討に乗り出した。→続きは『健康産業速報』第1181号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ネスレ、ダイエット市場に参入 6億ドルで企業買収
  2. 家計調査10月、健食支出2.5%増
  3. 厚労省、特保新たに8品許可 DHA食品など
  4. 議連・健食問題研究会 抗加齢でサプリに期待 坪田教授と意見交換
  5. 厚労省 妊婦の食生活指針作成へ
  6. 総合健康開発研究所、抗眼精疲労効果測定する試験サービス開始
  7. 広島県、個人輸入のニセ薬から医薬品成分 健康被害が発生
  8. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
PAGE TOP