ヘッドラインニュース

厚労省 「規格基準型特保」第一弾決定

 厚生労働省は25日、薬事・食品衛生審議会の新開発食品調査部会を開催、「規格基準型特保」の第1弾に食物繊維やオリゴ糖など9成分を採用することで合意した。規格基準型特保は、関与成分を規定量含んでいれば、多大な費用・時間を要する有効性試験を省略できる。申請受付は、通常特保や条件付きが四半期に一度であるのに対し、規格基準型は随時。標準的事務処理期間も3ヵ月と短い。

関連記事

  1. NNFA−J、GMPプログラムを新機関に譲渡
  2. 公取委、もろみ酢の公正競争規約案を公表 来月に公聴会
  3. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  4. JIHFS、GMPフォーラムでバリデーションを解説
  5. 健康コーポレーション、米国市場に進出
  6. 厚労省、「消除予定添加物名簿」を官報告示
  7. 特保調査会が報告書案、委員から異論 既許可製品の再審査でも紛糾
  8. 「あるある」後継番組、順調な滑り出し
PAGE TOP