ヘッドラインニュース

厚労省 「規格基準型特保」第一弾決定

 厚生労働省は25日、薬事・食品衛生審議会の新開発食品調査部会を開催、「規格基準型特保」の第1弾に食物繊維やオリゴ糖など9成分を採用することで合意した。規格基準型特保は、関与成分を規定量含んでいれば、多大な費用・時間を要する有効性試験を省略できる。申請受付は、通常特保や条件付きが四半期に一度であるのに対し、規格基準型は随時。標準的事務処理期間も3ヵ月と短い。

関連記事

  1. 健食企業2社に排除命令
  2. α−リポ酸など、「溶媒は食添に該当せず」
  3. 日健栄協、特保情報公開で陳情書
  4. 厚労省、妊産婦対象の食生活指針 葉酸の栄養機能食品を推奨
  5. ポジティブリスト制度、「家庭菜園からの農薬飛散にも注意」
  6. 林原、会社更生手続き開始
  7. 「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト」 現地レポート グ…
  8. がん患者の健食摂取状況 アガリクスなど支持
PAGE TOP