ヘッドラインニュース

自民党・消費者問題調査会が発足 縦割り行政にメス

 食品の偽装表示や悪質商法の根絶を目的に、自民党は11月30日、消費者問題調査会を発足させた。縦割り行政による弊害を解消して、「諸外国より20~30年遅れている」(森まさこ議員)消費者行政を強化するための仕組みづくりを検討する。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 消費者庁、健食表示検討会がスタート
  2. 「フラバンジェノール研究会」、新知見相次ぐ
  3. 消費者委、問題ある健食の「淘汰」を
  4. 厚労省人事、大川広告専門官が異動
  5. コロソリン酸がメタボリック症候群に有効 動脈硬化学会
  6. 1232号(2008年5月30日号)配信
  7. インデナ、新素材「カキネガラシ」の提案開始
  8. 富士バイオメディックス、美容室チェーンの無芸塾と業務提携
PAGE TOP