ヘッドラインニュース

自民党・消費者問題調査会が発足 縦割り行政にメス

 食品の偽装表示や悪質商法の根絶を目的に、自民党は11月30日、消費者問題調査会を発足させた。縦割り行政による弊害を解消して、「諸外国より20~30年遅れている」(森まさこ議員)消費者行政を強化するための仕組みづくりを検討する。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省・中高年者縦断調査、サプリの有用性明らかに
  2. 健康産業速報20180719 春日井製菓、同社初の機能性表示食品 GABA配合のど飴
  3. 日健栄協 「健食GMP」で議論 小規模企業も認定可能
  4. 塩野義製薬、クオリカプスグループの株式譲渡
  5. アピ、揖斐川工場が今夏稼動 健食受託急増に対応
  6. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
  7. 厚労省、大豆イソフラボン指針を通知
  8. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
PAGE TOP