ヘッドラインニュース

自民党・消費者問題調査会が発足 縦割り行政にメス

 食品の偽装表示や悪質商法の根絶を目的に、自民党は11月30日、消費者問題調査会を発足させた。縦割り行政による弊害を解消して、「諸外国より20~30年遅れている」(森まさこ議員)消費者行政を強化するための仕組みづくりを検討する。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 癌学会、14日から札幌で CoQ10に抗がん作用
  2. サッポロビールとサッポロ飲料、「ホップ水抽出物」が花粉症に効果
  3. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
  4. 菅新内閣、健食業界にも影響
  5. 特保申請、記載不備など目立つ
  6. 公取委、黒酢・もろみ酢の不当表示 「厳正に対処」
  7. 「消費者基本計画」工程表改定、機能性表示施行状況踏まえ見直し検証…
  8. 国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で
PAGE TOP