ヘッドラインニュース

厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加

 厚生労働省は21日、「平成15年国民健康・栄養調査結果」の概要を発表、健康食品や特定保健用食品の利用が、栄養素摂取量の増加につながっていることがわかった。調査は健康増進法の施行を受け、これまでの「国民栄養調査」を拡充して実施。平成15年11月に、4160世帯・1万1105人の栄養摂取状況などを調べた。

関連記事

  1. ケンコーコム、福岡物流センターが稼動開始
  2. 薬学会、28日から岡山で
  3. 公取委、健食販売2社に排除命令 「デトックス」表示に規制の網
  4. ビタミンC不足が「タバコ病」に関与 都老人研・石神氏らが確認
  5. 食品免疫学会が初シンポ、「TLR」「粘膜免疫」などに注目
  6. 規制改革会議が答申、混合診療解禁問題で厚労省を追及
  7. 新日本製薬、特保市場に参入 整腸対応で
  8. UMIN、ネットで臨床試験結果公開 健食も対象
PAGE TOP