ヘッドラインニュース

厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加

 厚生労働省は21日、「平成15年国民健康・栄養調査結果」の概要を発表、健康食品や特定保健用食品の利用が、栄養素摂取量の増加につながっていることがわかった。調査は健康増進法の施行を受け、これまでの「国民栄養調査」を拡充して実施。平成15年11月に、4160世帯・1万1105人の栄養摂取状況などを調べた。

関連記事

  1. 上海でCPhI等 ヘルスケア展示会集結
  2. 文科省 10年後見据え研究開発 機能性食品の有効性検証も
  3. 特保の候補続々、「尿酸値が高めの方に」
  4. 健食表示検討会、業界「摂取対象者表示」提示
  5. 岩手県、特商法違反等で健食業者を行政処分
  6. NR資格、「役に立っている」は約6割
  7. 葉酸摂取で医療費削減
  8. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
PAGE TOP