ヘッドラインニュース

厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加

 厚生労働省は21日、「平成15年国民健康・栄養調査結果」の概要を発表、健康食品や特定保健用食品の利用が、栄養素摂取量の増加につながっていることがわかった。調査は健康増進法の施行を受け、これまでの「国民栄養調査」を拡充して実施。平成15年11月に、4160世帯・1万1105人の栄養摂取状況などを調べた。

関連記事

  1. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
  2. 09年度訪販市場、2兆円割る
  3. ホンダ子会社、ナットウキナーゼで健食市場参入
  4. 沖縄発酵と産総研、ナノカプセル化技術を開発
  5. 特保審査、一時中断
  6. 厚労省、販売名修正を求めた事務連絡 キャッチコピーも対象
  7. サン・クロレラ、「クロレラで母乳中ダイオキシン濃度低下」
  8. 中国健康商品市場、7500億円に
PAGE TOP