ヘッドラインニュース

厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加

 厚生労働省は21日、「平成15年国民健康・栄養調査結果」の概要を発表、健康食品や特定保健用食品の利用が、栄養素摂取量の増加につながっていることがわかった。調査は健康増進法の施行を受け、これまでの「国民栄養調査」を拡充して実施。平成15年11月に、4160世帯・1万1105人の栄養摂取状況などを調べた。

関連記事

  1. 「あるある」後継番組、順調な滑り出し
  2. 特保等の表示問題に言及
  3. 消費者庁、食品表示法統一へ22日始動
  4. 消費者庁、放射能対策表示を監視
  5. 厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三…
  6. 機能性表示、「届出」ガイドラインの概要明らかに
  7. 厚労省、食事摂取基準2010年版公表
  8. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
PAGE TOP