ヘッドラインニュース

NCCAM、エキナセアの風邪治療効果で否定的見解

 米国の医学専門誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」は7月28日、エキナセアの風邪に対する効果を調べた大規模臨床試験結果を掲載した。調査はNIH、相補・代替医療センター(NCCAM)の助成事業として実施。437人の健康な若い成人を対象に、エキナセア(Echinacea angustifolia)根由来抽出物またはプラセボを与え、風邪ウイルスへの感染状況や、風邪にかかった場合の症状の重さなどを調べた。その結果、「エキナセア摂取による有意な効果は確認されなかった」という。

関連記事

  1. 通販協 ネット通販利用者の実態調査
  2. 厚労省 残留農薬新制度が大詰め 11月に告示、来年5月実施
  3. 大正製薬、特保「グルコケア」に粉末スティックタイプ
  4. 日清ファルマ、「CoQ10+カルニチン」併用で体脂肪減少
  5. 共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」
  6. 厚労省、食薬区分改正で意見募集
  7. エグゼクティブ会議、29日に初会合
  8. シトルリンで研究会発足
PAGE TOP