ヘッドラインニュース

NCCAM、エキナセアの風邪治療効果で否定的見解

 米国の医学専門誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」は7月28日、エキナセアの風邪に対する効果を調べた大規模臨床試験結果を掲載した。調査はNIH、相補・代替医療センター(NCCAM)の助成事業として実施。437人の健康な若い成人を対象に、エキナセア(Echinacea angustifolia)根由来抽出物またはプラセボを与え、風邪ウイルスへの感染状況や、風邪にかかった場合の症状の重さなどを調べた。その結果、「エキナセア摂取による有意な効果は確認されなかった」という。

関連記事

  1. 健康産業速報ロゴ2 「機能性表示」で分析状況調査
  2. トレードピアとビーエイチエヌ、「ザクティナーゼ」でメタボ症候群改…
  3. 健食製造者の「届出制」浮上
  4. 北海道バイオ産業拡大 黒字8割、「地域経済支える産業に」
  5. 厚労省研究班 プロポリス、アロエなどの安全性確認 「発がん性なし…
  6. 帝京大・児玉氏、「CoQ10が免疫に関与」 日健栄協セミナーで
  7. 東京都 都民の健康改善へ、10年計画発表
  8. TTC、アガリチンの分析受託に着手
PAGE TOP