ヘッドラインニュース

特保申請、記載不備など目立つ

 (財)日本健康・栄養食品協会は11月30日、平成19年度第2回「特定保健用食品講習会」を都内で開催、200人が参加した。日健栄協理事長・林裕造氏は、「特保」と「いわゆる健康食品」は消費者から見れば健康の保持・増進を図る食品として同じものと指摘した上で、厚生労働研究レベルでは特保と健食が同じ「健康食品」として扱われている例を紹介した。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
  2. 食品開発展、20日(火)開幕 570社・960小間で過去最大 業…
  3. エグゼクティブ会議・うおぬまが開催
  4. 都、連鎖販売事業者の実態調査
  5. 森川健康堂、「水溶化プロポリスエキス」の開発に成功
  6. 「飛び込み勧誘禁止条例」に動き
  7. ケンコーコム07年売れ筋健食番付、東西横綱は「該当なし」
  8. 健食懇、木村毅会長を再選
PAGE TOP