ヘッドラインニュース

特保申請、記載不備など目立つ

 (財)日本健康・栄養食品協会は11月30日、平成19年度第2回「特定保健用食品講習会」を都内で開催、200人が参加した。日健栄協理事長・林裕造氏は、「特保」と「いわゆる健康食品」は消費者から見れば健康の保持・増進を図る食品として同じものと指摘した上で、厚生労働研究レベルでは特保と健食が同じ「健康食品」として扱われている例を紹介した。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 英刑務所、サプリメントで暴力は減るか? 3年間追跡調査に着手
  2. 米国、サプリメント新法が22日スタート 有害事象を報告
  3. コーデックス総会が閉幕、IADSA提案の食品添加物使用量を承認
  4. 都、今春の飛散花粉数予測「昨年の2~3倍」
  5. 健食懇 健食の安全性で自主基準 厚労省検討会のたたき台に 健食の…
  6. 健食表示検討会、エビデンスレベルを整理
  7. 世界の健食市場6兆3000億円に
  8. 特保で新表示許可へ 「エネルギーとして脂肪を消費」
PAGE TOP