ヘッドラインニュース

特保申請、記載不備など目立つ

 (財)日本健康・栄養食品協会は11月30日、平成19年度第2回「特定保健用食品講習会」を都内で開催、200人が参加した。日健栄協理事長・林裕造氏は、「特保」と「いわゆる健康食品」は消費者から見れば健康の保持・増進を図る食品として同じものと指摘した上で、厚生労働研究レベルでは特保と健食が同じ「健康食品」として扱われている例を紹介した。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 住友商事と東洋新薬、健食・化粧品販売の合弁会社設立
  2. プロポリス協議会、創立20周年式典に100人
  3. ロッテ、健康部門を集約 「ロッテ健康産業」に統合
  4. 栄養ケアステーション 機能性食品販売を推進 特定健診制度スタート…
  5. CRN、「自主点検第三者認証」提言
  6. 沖縄県、健食製造業の溶接技術者育成 経産省支援事業
  7. 富士バイオメディックス 森谷健康食品を子会社化 
  8. プエラリア問題で対応決定 全製造過程で安全確保要求 健食被害の収…
PAGE TOP