ヘッドラインニュース

特保申請、記載不備など目立つ

 (財)日本健康・栄養食品協会は11月30日、平成19年度第2回「特定保健用食品講習会」を都内で開催、200人が参加した。日健栄協理事長・林裕造氏は、「特保」と「いわゆる健康食品」は消費者から見れば健康の保持・増進を図る食品として同じものと指摘した上で、厚生労働研究レベルでは特保と健食が同じ「健康食品」として扱われている例を紹介した。→続きは『健康産業速報』第1184号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 財務省 輸入通関統計 台湾産クロレラが順調 1-7月累計、5%増…
  2. 東京都 「メタボ」等外来語に規制の網 薬事法違反のケースも 10…
  3. グルコサミン研究会、抗炎症効果などを発表
  4. ユニチカ、「ハナビラタケ倶楽部」シリーズ6品を上市
  5. CoQ10配合の酒が登場 サントリーから
  6. 厚労省、食品の安全性確保「当然のこと」
  7. 厚労省、α-リポ酸の化粧品利用を許可
  8. 16年のDgS健食販売額 1.3%増の1930億円
PAGE TOP