ヘッドラインニュース

健食業界に新勢力 「エグゼクティブ会議」発足 ミーティングに300人

 健康食品の表示制度のあり方などを検討する政策研究グループ「エグゼクティブ会議」のキックオフミーティングが5日、都内で開催され、140社の代表約300人が参加した。同会議は、「4.13事務連絡」などの規制強化に対し、表示制度のあり方から、健康食品の法律の制定までを検討課題とした研究グループで、販売メーカー有志の呼びかけによりスタート。→続きは『健康産業速報』第1185号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「機能性表示」RJ公取協が取組推進
  2. リケンが債権者説明会、参加者から不満噴出
  3. がんセンター、「代替療法ガイドブック」作成へ
  4. クラレ、健食等事業を譲渡
  5. 農水省、健食研究に本腰 10年後の達成目標示す
  6. ジアシルグリセロールのリスク評価スタート
  7. 議連「健食問題研究会」、大濱氏招き米・EUの制度を研究
  8. 「特保制度の廃止を」 食品安全モニターが提言
PAGE TOP