ヘッドラインニュース

国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言

 (財)日本健康・栄養食品協会が4日都内で開いた「『健康食品』の安全性確保を実現させるための情報交換」で、国民生活センター調査役の宗林さおり氏は、健康食品の効果効能や含有成分に関する表示について、消費者が商品選択できるように「法律を変えるかどうかの時期にきている」と述べた。→続きは『健康産業速報』第1209号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 東洋新薬、「フラバンジェノール」にダイエット効果
  2. 都、来年度予算要求 引き続き健食対策も
  3. 日本クリニック、「牡蠣の塩」の開発に成功 ギネス申請へ
  4. 「畠中キトサン」、中国の保健食品として認可
  5. 日健栄協、4製造所にGMP認定
  6. 協和発酵、美容素材を拡充 魚コラーゲンとセラミド上市
  7. 厚労省 西洋ハーブ、OTC化に道 欧州医薬品、日本進出も 健食市…
  8. 中国新時代集団、日本健食市場進出へ
PAGE TOP