ヘッドラインニュース

広告にない健食送付等 東京都15年度の広告相談 


折込等で「健食」最多 炊飯器注文→黒酢定期購入に

炊飯器や寝具などの広告を見て注文したら健康食品も送りつけられた―東京都消費生活総合センターは4日、広告と健康食品に関する消費生活相談概要を発表した。広告を契機に、問題のある勧誘が行われるケースもあるとしている。


広告媒体に関する15年度の相談は1万1140件で前年度比10%減。同センター・・・

(詳しくは11月8日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


11月30日まで 早期割引申込み 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡
先がこの一冊に。


関連記事

  1. 国立栄研、医薬基盤研究所と統合
  2. 国立栄研、α−リポ酸のダイエット効果は「不明」と判断
  3. 安全性ガイドライン、「ハードル低い」 日健栄協・林理事長がコメン…
  4. 高齢者3500万人突破 サプリ支出,65歳未満の2倍超 ネット通…
  5. 特保等の表示問題に言及
  6. キリンヤクルト、ブナハリタケ特保を上市
  7. 米CRN調査、米国民の68%がサプリを利用
  8. 震災から1ヵ月 健食市場への影響
PAGE TOP