ヘッドラインニュース

消費者庁、健食は「食品表示課」が担当

【1323号トップニュース】年内にも設置される消費者庁の組織概要が22日、明らかになった。消費者庁に移管される健康増進法を担当する「食品表示課」が、厚生労働省新開発食品保健対策室に代わって、健食行政の主要部分を所管する。
【主なニュース】
・厚労省尾崎室長インタビュー
・成人後、5キロ以上体重減少で死亡リスク上昇
・改正JAS法案が成立
・アンチエイジング歯科学会に350人
・美少年酒造へ健食受託企業など4社が支援
・食品表示で「不審情報」204件
【新商品】伊藤園、ハウスウェルネスフーズ、サントリー食品
他ニュース多数!

関連記事

  1. 欧州食品素材展「FiE」 コラーゲンの機能性に注目
  2. グルコサミン、10%増で800トン突破
  3. 健康食品のバイブル本が激減
  4. 議連「健食問題研究会」、消費者代表の見解に反論
  5. 「抗加齢ドック」が誕生 老化度を検査
  6. CRN-J、15日に勉強会
  7. 健食受託市場、推計2900億円 本紙調査、「経営良好」は5割
  8. トレードピアとビーエイチエヌ、「ザクティナーゼ」でメタボ症候群改…
PAGE TOP