ヘッドラインニュース

通販利用媒体、ネットがカタログを逆転

 (社)日本通信販売協会は6月30日、「第14回全国通信販売利用実態調査報告書」を発行した。15~79歳の男女2450人を対象とした調査(有効回答1367人)では、通販の利用経験率は90.3%という高率。→続きは『健康産業速報』第1141号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 原料原産地表示の義務化 消費者の「誤認防止」重視
  2. 米サプライサイド・ウェスト ビタミン、緑茶等目立つ
  3. 共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」
  4. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  5. 内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表
  6. TTC、「健康家族のニンニク健食で更年期症状緩和」と発表
  7. 厚労省 L-シトルリンで17日に通知 食品への利用可能に 「Co…
  8. 栄養成分表示の義務化へ
PAGE TOP