ヘッドラインニュース

3月の通販売上高、健食含む「食料品」が減少

 (社)日本通信販売協会は16日、2006年3月度の通信販売売上高を発表、健康食品を含む「食料品」の売上高が2ヵ月連続で前年同月を下回ったことがわかった。健康食品については総務省の家計調査でも、前年同月比で3ヵ月連続の支出減となったことが明らかになったばかり(速報1026号)。2つの異なる調査から、健康食品市場が減少に転じていることが裏付けられた。→続きは「健康産業速報」第1027号で!

関連記事

  1. 健食の新聞報道件数が急増 「サプリメント」11年で54倍 筑波大…
  2. 通販協、「県民大調査」第2弾 健食購入、トップは三重県
  3. プエラリア問題で対応決定 全製造過程で安全確保要求 健食被害の収…
  4. エグゼクティブ会議・福岡 全国から190人超が参加 サプリ法制定…
  5. 機能性成分、遺伝子要因で効果変動
  6. トヨタ、ユビキノンで特許出願 CoQ10市場参入は「ノーコメント…
  7. ブラックコホシュの活性成分、85年間不変
  8. 20~30代の日本人、3割弱がサプリで風邪に対処
PAGE TOP