ヘッドラインニュース

3月の通販売上高、健食含む「食料品」が減少

 (社)日本通信販売協会は16日、2006年3月度の通信販売売上高を発表、健康食品を含む「食料品」の売上高が2ヵ月連続で前年同月を下回ったことがわかった。健康食品については総務省の家計調査でも、前年同月比で3ヵ月連続の支出減となったことが明らかになったばかり(速報1026号)。2つの異なる調査から、健康食品市場が減少に転じていることが裏付けられた。→続きは「健康産業速報」第1027号で!

関連記事

  1. HPMC、年度内にも規制緩和か
  2. 細谷氏の叙勲祝う会、400人以上が参加
  3. アンチ・エイジング・ライフ、「ナリネ菌」のOEM提案開始
  4. 人間ドック、異常最多は「高コレステロール」 「肥満」3割超に
  5. 食品安全モニター、栄養機能食品の書類提出義務化を要求
  6. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
  7. 公取委 景表法の運用強化 「15日ルール」厳守求める
  8. 厚労省、大豆イソフラボン指針を通知
PAGE TOP