ヘッドラインニュース

クルクミンの肝障害性「まったくない」

 福岡大の白窪碧氏らは、市販のハルウコン(Curcuma aromatica)の肝障害性および肝保護作用をin vitro研究で調べた結果を紹介。粉末商品から単離した7種類の含有物質を測定したところ、このうち1物質のみが中程度の肝障害性を示した。一方、最も含有量の多いクルクミンでは肝保護作用が認められ、肝障害性はまったく示されなかった。

関連記事

  1. 地域資源活用促進法案、来月11日にも成立の見通し
  2. 健康博覧会が閉幕、3日間で4万6822人が来場
  3. 消費者庁、放射能対策表示を監視
  4. 米NNFA、名称を「NPA」に変更
  5. 厚労省・北島室長、健康博覧会で緊急講演
  6. 厚労省 西洋ハーブ、OTC化に道 欧州医薬品、日本進出も 健食市…
  7. 薬健研、厚労省検討会の骨子案を支持
  8. がん代替療法の支出額 年間9,000億円以上に 筑波大・兵頭氏が…
PAGE TOP