ヘッドラインニュース

クルクミンの肝障害性「まったくない」

 福岡大の白窪碧氏らは、市販のハルウコン(Curcuma aromatica)の肝障害性および肝保護作用をin vitro研究で調べた結果を紹介。粉末商品から単離した7種類の含有物質を測定したところ、このうち1物質のみが中程度の肝障害性を示した。一方、最も含有量の多いクルクミンでは肝保護作用が認められ、肝障害性はまったく示されなかった。

関連記事

  1. 山田養蜂場、全国店舗展開に着手 岡山に第1号店
  2. 経産省 健食ネット表示で「ルール」規定
  3. アガリクス問題で波紋
  4. 条件付き特保、第1号が誕生
  5. 日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」
  6. プロバイオサプリが風邪に有効
  7. 富士バイオメディックス 森谷健康食品を子会社化 
  8. 特保再審査手続きで問題提起
PAGE TOP