ヘッドラインニュース

クルクミンの肝障害性「まったくない」

 福岡大の白窪碧氏らは、市販のハルウコン(Curcuma aromatica)の肝障害性および肝保護作用をin vitro研究で調べた結果を紹介。粉末商品から単離した7種類の含有物質を測定したところ、このうち1物質のみが中程度の肝障害性を示した。一方、最も含有量の多いクルクミンでは肝保護作用が認められ、肝障害性はまったく示されなかった。

関連記事

  1. 食品機能性研究センターが発足 抗メタボリック症候群素材開発 評価…
  2. 消費者庁、トランス脂肪酸の指針策定へ
  3. オーサワジャパン、関西圏に初進出
  4. 抗加齢医学会、6月に横浜で 「機能性表示」施行1年でシンポ
  5. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  6. 都内の健食製造業 多摩地域で27施設存在 収去検査、違反は「ゼロ…
  7. 日健栄協、安全性ガイドライン案を厚労省に提出
  8. 27日から健康科学学会
PAGE TOP