ヘッドラインニュース

健康科学学会シンポ、健食安全性評価など議論

 日本健康科学学会シンポジウムが15日、都内で開催され、約70人が参加した。厚生労働省・新開発食品保健対策室長の玉川淳氏が教育講演を行い、食品の安全確保に関する各府省の役割や、食品衛生法による規制・取り締まりの全体像、健康食品の安全性に関する取り組みの概要などを紹介した。→続きは『健康産業速報』第1212号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 経団連、「機能性表示の規制緩和を」
  2. ケンコーコム、通期業績予想を下方修正
  3. 都内の健食製造業 多摩地域で27施設存在 収去検査、違反は「ゼロ…
  4. 北海道バイオ産業、売上高500億円突破
  5. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
  6. 「αリポ酸協会」が設立
  7. EU栄養・健康表示規則、7月スタート
  8. エグゼクティブ会議が開催
PAGE TOP