ヘッドラインニュース

消費者委・特保調査会が初会合

【健康産業速報1507号トップニュース】消費者委員会は2月28日、「特定保健用食品の表示許可制度専門調査会」の初会合を開催し、特保制度見直しに向けた検討に着手した。許可後に新たな科学的知見が報告された場合に、短期間で許可を取り消すことができる制度の可能性を探る。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆消費者庁、健食表示のネット監視で85社に適正化要求
◆消費者委員会、錠剤・カプセルの表示ルール化が焦点に
◆九州・沖縄の健食企業、09年度売上1位はエバーライフ 帝国データ調べ
◆台湾産クロレラ好スタート
他ニュース多数!

関連記事

  1. 抗加齢医学会、専門医認定制度スタート
  2. 都、「健食の法的位置づけ明確化」要求
  3. NARO、乳酸菌の老化抑制作用の解明へ
  4. わだまんサイエンス、健食市場に本格参入
  5. 「乳酸菌」好調、海外案件も牽引 17年上半期・健食受託企業調査
  6. 経産省事業、「特保開発」「抗メタボ食品素材開発」など支援
  7. 健康茶市場、550億円を堅持
  8. 経産省 健食ネット表示で「ルール」規定
PAGE TOP