ヘッドラインニュース

消費者委・特保調査会が初会合

【健康産業速報1507号トップニュース】消費者委員会は2月28日、「特定保健用食品の表示許可制度専門調査会」の初会合を開催し、特保制度見直しに向けた検討に着手した。許可後に新たな科学的知見が報告された場合に、短期間で許可を取り消すことができる制度の可能性を探る。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆消費者庁、健食表示のネット監視で85社に適正化要求
◆消費者委員会、錠剤・カプセルの表示ルール化が焦点に
◆九州・沖縄の健食企業、09年度売上1位はエバーライフ 帝国データ調べ
◆台湾産クロレラ好スタート
他ニュース多数!

関連記事

  1. 経済関係者らが参加、「統合医療を実現する会」発足
  2. 健食原材料価格など上昇 コストアップ深刻に 利益圧迫、受託企業に…
  3. 公取委、マイナスイオン健康米に警告
  4. 世界有数の素材展に 海外の有力者が続々来日 「ビジネス交流会」も…
  5. 食物繊維の定義が変わる? コーデックスで新提案
  6. 04年輸入通関累計 クロレラ1500トン突破
  7. 自民党、特商法改正の検討に着手 訪販・通販規制強化へ
  8. 大正製薬、特保「グルコケア」に粉末スティックタイプ
PAGE TOP