ヘッドラインニュース

食品開発展レポート

<ロート製薬、美容分野の新素材を出品 来春より本格販売>
 ロート製薬(06・6758・1302)は、美容用途の新素材「コラプラスN」を出品、来春をメドにサンプルワークを開始する。同社では大豆ペプチドの一種である新規成分「テトラペプチド」を同定、この成分を多く含む素材として開発した。
<キユーピー、新規植物性ステロール素材を初披露> 
キユーピー(03・3486・3338)は水や油に分散性のある植物性ステロール素材「キユーステロール」を初披露した。12月からサンプルワークをはじめる。
<日本ハム、抗疲労素材を紹介>
日本ハム中央研究所(029・847・7811)は4日に行われたプレゼンテーションセミナーで、ジペプチドであるカルノシン・アンセリンを含有する抗疲労素材「CBEX」の有効性を紹介した。
→続きは「健康産業速報」第1066号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. バイオマーカーサイエンス、抗加齢医療支援事業に進出
  2. EU統一の健康強調表示、リスト作成に向け前進
  3. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  4. 花王の「ヘルシアコーヒー」、食品安全委の評価スタート
  5. 野田食菌、販売部門分離し新会社設立
  6. ADM、有機大豆の原料供給開始
  7. 西洋ハーブのOTC開発議論、本格化
  8. キッスビー健全食、「醗酵熟成黒にんにく」を発売
PAGE TOP