注目の記事

特保・機能性表示への監視、より厳しく

日本広告審査機構(JARO)審査部の野崎佳奈子氏は、16~18日開催の健康博覧会記念セミナーで「健康食品の広告に関する見解事例と相談事例」と題した講演を行い、特保・機能性表示食品の監視は今後より一層厳しくなるとの見解を示した。


ライオンの特保商品に対して健康増進法に基づく措置として・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページの業界最前線/最新情報を一目で整理。
(WEBでは一部の紹介のみです。「健康産業速報」紙面をご購読ください。)

毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円


関連記事

  1. IHM、乳酸菌「SNK」に大腸炎疾患の炎症抑制など
  2. キューピー、酢酸菌酵素配合のサプリ上市
  3. 健食転売で「月100万儲かる」都センが注意喚起
  4. 東洋新薬、愛媛県と共同研究 希少柑橘で新発見
  5. EFSA、砂糖の健康影響評価に着手
  6. カイゲン「ガニアシ」新展開 毛髪のアンチエイジング提案
  7. 消費者庁、健食等のネット監視で230社に改善要請
  8. 「特別用途食品」も調査へ 日本サプリメントの特保問題受け
PAGE TOP