ヘッドラインニュース

機能性表示、対応企業44%に 増収企業は約7割

sokuhou.jpg


上半期「健食受託」調査

健康産業新聞が定期的に実施している健康食品受託製造企業を対象とした調査で、機能性表示食品制度に対応している企業が4割強に増えたことがわかった。業績に関しては、海外出荷の好調などで約7割が増収となった。


調査は全国の健康食品受託製造企業を対象に実施、有効回答は80社。回答企業の売上規模は10億円未満が過半数となっている(グラフ)。
15年度の売上高(見込含む)を聞いたところ、増収企業は7割弱。好調だったと・・・
(詳しくは6月10日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 安全性第三者認証、来年5~6月にも開始
  2. 東京都 健食による健康被害事例 報告件数が100品突破 因果関係…
  3. 自民党、「がん対策推進基本計画案」了承 健食の情報提供へ
  4. 特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も
  5. 厚労省、特保新たに8品許可 DHA食品など
  6. サニーヘルス決算、売上高147億円で苦戦
  7. グリーンフーズ、ブラジル産健食素材の本格供給に着手
  8. 「ハイクオリティ認証」、3月始動
PAGE TOP