ヘッドラインニュース

機能性表示、対応企業44%に 増収企業は約7割

sokuhou.jpg


上半期「健食受託」調査

健康産業新聞が定期的に実施している健康食品受託製造企業を対象とした調査で、機能性表示食品制度に対応している企業が4割強に増えたことがわかった。業績に関しては、海外出荷の好調などで約7割が増収となった。


調査は全国の健康食品受託製造企業を対象に実施、有効回答は80社。回答企業の売上規模は10億円未満が過半数となっている(グラフ)。
15年度の売上高(見込含む)を聞いたところ、増収企業は7割弱。好調だったと・・・
(詳しくは6月10日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. アオバナ等、4成分「非医」に 厚労省、食薬区分改正を通知
  2. 厚労省 アレルギー表示義務品目 エビ・カニの追加を提案 23日の…
  3. 食品安全委 新開発食品専門調査会 アガリクスの作業部会設置
  4. 日健栄協 賀詞交歓会に約400人
  5. 沖縄県物産公社、柑橘素材配合の健康飲料
  6. わだまんサイエンス、健食市場に本格参入
  7. 抗疲労特保、今月にも申請へ
  8. 京都大・大東氏、「ハナショウガ等に動脈硬化抑制作用」
PAGE TOP