ヘッドラインニュース

米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る

sokuhou.jpg


CRNが報告書、議員等と情報共有

米国栄養評議会(CRN)は8日、ダイエタリーサプリメント市場の経済効果に関する報告を発表、米成人人口の3分の2にあたる1億5000万人以上がダイエタリーサプリメントを摂取していることが分かった。間接・波及効果を含めて、GDPへの貢献額は13兆円に迫っているとしている。


報告によれば、サプリ市場の米GDP(国内総生産)への貢献額は1216億ドル(約12兆8896億円)。全国で75万4645人の雇用を創出している。サプリ産業で働く人々に支払われる賃金総額は384億ドル(約4兆704億円)。さらに法人やその従業員が連邦政府および州政府に支払う税・・・
(詳しくは6月14日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 健食懇 健食の安全性で自主基準 厚労省検討会のたたき台に 健食の…
  2. 「農業力」議連が設立準備会 テーマに「機能性食品への活用」
  3. 特保、総数800品目突破
  4. 中国製ニセ薬で健康被害拡大 都内で死亡事例も
  5. 特保一挙14品、計581品目に 規格基準型も誕生
  6. カイゲンとアートネイチャーがコラボ商品を発表
  7. 07年輸入通関速報、クロレラ前年割れ
  8. 大正製薬と養命酒、健食を共同開発
PAGE TOP