ヘッドラインニュース

米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る

sokuhou.jpg


CRNが報告書、議員等と情報共有

米国栄養評議会(CRN)は8日、ダイエタリーサプリメント市場の経済効果に関する報告を発表、米成人人口の3分の2にあたる1億5000万人以上がダイエタリーサプリメントを摂取していることが分かった。間接・波及効果を含めて、GDPへの貢献額は13兆円に迫っているとしている。


報告によれば、サプリ市場の米GDP(国内総生産)への貢献額は1216億ドル(約12兆8896億円)。全国で75万4645人の雇用を創出している。サプリ産業で働く人々に支払われる賃金総額は384億ドル(約4兆704億円)。さらに法人やその従業員が連邦政府および州政府に支払う税・・・
(詳しくは6月14日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 食薬区分で研究報告書 アオバナなど9成分検証
  2. 医療・医薬分野でもサプリメント法に関心
  3. 森永乳業、ビフィズス菌で花粉症緩和
  4. 通関(確報)7月期 ローヤルゼリー伸び悩む
  5. 今年の通販市場、「昨年同様の成長率に」(通販協・品川会長)
  6. サン・クロレラ、「エゾウコギで皮膚コラーゲン減少抑制」
  7. 食品安全委、CoQ10問題を議論 上限値設定「困難」との声も
  8. 規制改革会議が答申、混合診療解禁問題で厚労省を追及
PAGE TOP