ヘッドラインニュース

米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る

sokuhou.jpg


CRNが報告書、議員等と情報共有

米国栄養評議会(CRN)は8日、ダイエタリーサプリメント市場の経済効果に関する報告を発表、米成人人口の3分の2にあたる1億5000万人以上がダイエタリーサプリメントを摂取していることが分かった。間接・波及効果を含めて、GDPへの貢献額は13兆円に迫っているとしている。


報告によれば、サプリ市場の米GDP(国内総生産)への貢献額は1216億ドル(約12兆8896億円)。全国で75万4645人の雇用を創出している。サプリ産業で働く人々に支払われる賃金総額は384億ドル(約4兆704億円)。さらに法人やその従業員が連邦政府および州政府に支払う税・・・
(詳しくは6月14日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 経産省、健食通販のアサヒ産業に業務停止命令
  2. 民主党、「健康食品法」の立法化検討
  3. ファンケル、「300店舗体制目指す」
  4. 農水省、機能性食品の事業化など支援
  5. 米、サプリ健康被害報告を義務化
  6. 厚労省、「えび・かに」のアレルギー表示義務化で意見
  7. 厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す
  8. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
PAGE TOP