ヘッドラインニュース

日本病院会 人間ドック全国集計

 (社)日本病院会と日本人間ドック学会は19日、人間ドックを昨年受診した294万人の全国集計結果を発表、異常がなかった人は全体の12.3%と過去最低を記録したことがわかった。生活習慣病に関連の深い項目として、「肥満」「耐糖能異常」「高血圧」「高コレステロール」「高中性脂肪」「肝機能異常」の異常頻度を調べた結果、6項目すべてが改善した昨年から一転し、今回はほぼすべての年代で悪化した。

関連記事

  1. 公取委、黒酢・もろみ酢の不当表示 「厳正に対処」
  2. 高齢者3500万人突破 サプリ支出,65歳未満の2倍超 ネット通…
  3. エゾウコギで血流改善 「ヘモレオロジー学会誌」に掲載
  4. シクロケム、CoQ10の安定性高める技術を開発
  5. サプリ支出3%増「単身世帯」は伸び悩み
  6. 組み換え植物から健食原料、事業化へ
  7. 上半期サプリ支出、9%増 4カ月連続の2桁伸長
  8. 厚労省・健食安全性検討会、制度改正に向け論点整理
PAGE TOP