ヘッドラインニュース

中国製ニセ薬で健康被害拡大 都内で死亡事例も

 中国製ニセ薬の猛威が止まらない。厚生労働省は26日、中国製のダイエット食品が原因と疑われる死亡事例が東京都で発生したと発表した。死亡したのは都内在住の10代の女性。患者を診断した医師が、「このダイエット食品と死亡との因果関係が疑われる」との見解を示した。詳細は調査中だという。

関連記事

  1. 厚労科学研究、「α-リポ酸でメタボリック症候群予防」
  2. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  3. 米厚生省、膝関節炎の効果的緩和法「特定できず」 サプリを含め
  4. 雪印乳業、米国で「MBP」商品第1弾
  5. 栄養成分表示検討会が初会合
  6. HPMCの使用基準改正、健食への利用可能に
  7. アリピュア事務局、化粧品用途解禁でα-リポ酸セミナー
  8. 06年特保市場規模、6%増の6700億円に
PAGE TOP