ヘッドラインニュース

中国製ニセ薬で健康被害拡大 都内で死亡事例も

 中国製ニセ薬の猛威が止まらない。厚生労働省は26日、中国製のダイエット食品が原因と疑われる死亡事例が東京都で発生したと発表した。死亡したのは都内在住の10代の女性。患者を診断した医師が、「このダイエット食品と死亡との因果関係が疑われる」との見解を示した。詳細は調査中だという。

関連記事

  1. 都、「健康安全研究センター」を再構築へ
  2. エグゼ会議・福岡に100人
  3. 国セン、キダチアロエ健食のテスト結果発表
  4. 【イベント】2006年10月4日、サイモン・ペットマン氏特別講演…
  5. FDA 健食対策で「ロードマップ」
  6. 「アーユルヴェーダ」セミナーに100人
  7. VD・オメガ3の利用拡大 米JAMAに論文
  8. 原料原産地で新表示法
PAGE TOP