ヘッドラインニュース

中国製ニセ薬で健康被害拡大 都内で死亡事例も

 中国製ニセ薬の猛威が止まらない。厚生労働省は26日、中国製のダイエット食品が原因と疑われる死亡事例が東京都で発生したと発表した。死亡したのは都内在住の10代の女性。患者を診断した医師が、「このダイエット食品と死亡との因果関係が疑われる」との見解を示した。詳細は調査中だという。

関連記事

  1. 摂取したい栄養素、トップはカルシウム
  2. 「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す
  3. 経産省、「ベンチャー賞」でファーマフーズなど表彰
  4. 健食表示検討会、「商品選択の環境整備を」
  5. 食総研、11月に研究成果展
  6. 健康食品の評価法で新規スクリーニング法
  7. 【東京都】66%が特保等健食摂取 5割が満足、7割が実感 「機能…
  8. チャオ債権者説明会、グループ3社合併も
PAGE TOP