ヘッドラインニュース

機能性農産物、所得増に期待感 社福協、新制度1年でフォーラム


機能性ミカン、出荷価格2割高に

医療経済研究・社会保険福祉協会は4日、施行から1年が経過した機能性表示食品制度を振り返るフォーラムを開催、消費者庁長官の坂東久美子氏が講演した。また、農林水産技術会議事務局の髙橋仁志氏が、機能性表示ミカンの卸値が2割アップしたことを報告。フォーラムには200人超が参加した。


坂東氏、機能性表示食品は「事後チェックが働くことが前提となる制度」と指摘。届出資料をもとに寄せられる”疑義情報”や、昨年度に実施した研究レビュー・・・

(詳しくは7月05日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 日健栄協、大豆レシチン食品の試買調査
  2. EU統一の健康強調表示、リスト作成に向け前進
  3. 「CoQ10の上限値は1200mg」 CRN・ハズコック氏が指摘…
  4. 農水省 技術開発支援で新産業創出 食品機能性研究など公募(1/2…
  5. 公取委、もろみ酢の公正競争規約案を公表 来月に公聴会
  6. 兵庫県苦情相談、認知症患者に健食販売
  7. 日健栄協のCoQ10販売後調査、約千例をアンケートを収集
  8. エコナ問題で課長級会議
PAGE TOP