ヘッドラインニュース

米IFT、17日~19日シカゴで 流行はグルテンフリー、植物タンパク等


1200社超出展、「有機」訴求強まる

米国食品科学技術者協会(IFT)が主催する食品素材見本市が17日、シカゴのマコーミック・コンヴェンションセンターで開幕した。食品素材のサプライヤーを中心に1232社が出展。今年は中国企業約215社が参加する中国パビリオンも設けられた。


食品素材を中心としたIFTでは近年、「機能性成分をいかに商品化するか」という提案より、「食品を・・・

(詳しくは7月20日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 「健食の時代到来」 前岐阜県知事・梶原氏が強調
  2. 19年度概算要求 健康食品対策を拡充 特別用途食品の見直しも
  3. 景表法 自治体の権限強化案浮上
  4. 経済関係者らが参加、「統合医療を実現する会」発足
  5. 消費者庁 健食等の表示でネット調査
  6. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  7. 厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」
  8. 厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加
PAGE TOP