ヘッドラインニュース

07年版厚生労働白書 「医療重視姿勢」鮮明に 健食は「指導対象」

 厚生労働省は14日、2007年度版の厚生労働白書をまとめた。「医療構造改革の目指すもの」というタイトルどおり、日本が抱える諸問題を解決するために「医」を重視する姿勢を鮮明に打ち出し、「食」に関しては食育の重要性に言及しつつも、健康食品については“指導対象”であるという従来路線を貫いている。→続きは『健康産業速報』第1162号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 研究レビュー検証で報告書 「質」を評価 「SR」51編対象、改善…
  2. 規制改革会議、混合診療問題で見解
  3. アムスライフ快進撃、売上高27%増 OEM好調
  4. アントシアニンで不当表示
  5. 大手3社、シトルリン製品一斉発売  市場形成に向け始動
  6. 厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ
  7. 厚労省、新開発食品保健対策室に「安全対策専門官」を設置
  8. 厚労省 食薬区分再検討で報告書
PAGE TOP