ヘッドラインニュース

機能性成分、遺伝子要因で効果変動

 静岡県立大学大学院・倉貫早智氏らの研究グループは、メタボリックシンドロームに深くかかわっているとされる血漿アディポネクチン量に及ぼす茶カテキンの影響を発表した。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される有用物質で、動脈硬化などを抑制する効果があることなど

関連記事

  1. ケンコーコム売れ筋番付、横綱に寒天とα−リポ酸
  2. ビタミンCサプリ、「食後の摂取が効果的」 都老人研がアドバイス
  3. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
  4. 塩野義製薬、クオリカプスグループの株式譲渡
  5. 主要国、表示規制を一本化
  6. ケンコーコム、通期業績予想を下方修正
  7. 健康飲料から医薬品成分、健康被害が発生
  8. 日健栄協、3月にCoQ10販売後調査の中間報告
PAGE TOP