ヘッドラインニュース

機能性成分、遺伝子要因で効果変動

 静岡県立大学大学院・倉貫早智氏らの研究グループは、メタボリックシンドロームに深くかかわっているとされる血漿アディポネクチン量に及ぼす茶カテキンの影響を発表した。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される有用物質で、動脈硬化などを抑制する効果があることなど

関連記事

  1. ポジティブリスト制度、「家庭菜園からの農薬飛散にも注意」
  2. 「やせ」状態でさらにダイエット、思春期女性で問題に
  3. 新日本製薬、特保市場に参入 整腸対応で
  4. 日健栄協、新事業計画を発表
  5. CoQ10問題決着へ 「上限量、設定は困難」 意見募集実施も評価…
  6. 厚労省 20年度予算案 健食の安全性確保を重視 ネット広告の監視…
  7. 安全性第三者認証、来年5~6月にも開始
  8. 厚労省、農薬ポジティブリストで関連通知
PAGE TOP