ヘッドラインニュース

機能性成分、遺伝子要因で効果変動

 静岡県立大学大学院・倉貫早智氏らの研究グループは、メタボリックシンドロームに深くかかわっているとされる血漿アディポネクチン量に及ぼす茶カテキンの影響を発表した。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される有用物質で、動脈硬化などを抑制する効果があることなど

関連記事

  1. アオバナ等、4成分「非医」に 厚労省、食薬区分改正を通知
  2. 「CLAで体脂肪低減」 コグニスセミナーで
  3. 米CRN、サプリメントで初の横断的キャンペーン
  4. WHO、伝統医療の世界地図が完成
  5. 食品安全委、アガリクスの安全性 「全体疑うものでない」
  6. DgSに関する消費者意識調査、利用率トップはマツモトキヨシ
  7. カルピス、欧州でアミールペプチド原料の本格展開
  8. 国セン、α-リポ酸の商品テスト結果を発表
PAGE TOP