ヘッドラインニュース

途上国の栄養改善でビジネス創出 官民連携、プラットフォーム発足


栄養食品等の事業環境整備

官民連携で途上国における栄養改善事業を推進する「Nutrition Japan Public Private Platform(NJPPP)」が発足、21日に都内で記念セミナーが開催された。企業がビジネスとして栄養食品などの販売事業を実施できる環境を整備する。


14年7月に閣議決定した健康・医療戦略を踏まえ、企業や省庁等が参加し、15年・・・

(詳しくは9月27日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 「機能性表示」課題で報告書案 「エキス・分泌物」追加
  2. 東京都、悪質事業者への立入調査を強化 警視庁OBを増員へ
  3. 特保取得企業、半数は中小メーカー 中小公庫がレポート
  4. 香港でコスモプロフアジア
  5. 「食とメタボ」シンポに230人
  6. 健食安全性ガイドライン、業界統一案は今月末
  7. 経産省研究会 健康食品の活用を提言
  8. 統合医療の「虹彩学」、瞳孔で病状把握
PAGE TOP