ヘッドラインニュース

健食受託製造市況 工場建設ラッシュ続く

 健康食品の受託製造企業における人気受注素材は、α−リポ酸がCoQ10に並びトップとなったことが、健康産業新聞が30日までにまとめた調査でわかった。調査は健康食品の受託製造を行う全国の170社を対象に実施。上半期に受注の多かった素材を聞いたところ、コエンザイムQ10とα−リポ酸がそれぞれ43票を集め同率首位。3位はL−カルニチンの29票で、食薬区分改正による“規制緩和トリオ”に人気が集中した。

関連記事

  1. ルナ再建へ、スポンサーに山田養蜂場
  2. 米DgS、3大チェーン体制に
  3. 日清ファルマ、胃炎予防の機能性食品開発に着手
  4. 「待ったなし」個人情報保護法、農水省もガイドライン
  5. 健食産業振興検討会 業界団体統一に向け始動
  6. 食薬区分改正、食品衛生法関連通知は6月前後か
  7. OLの8割、自分の骨密度「知らない」
  8. 国際戦略総合特区 機能性食品関連も
PAGE TOP