ヘッドラインニュース

厚労省、栄養摂取量の年次推移公表 15年国民健康・栄養調査


40~50代女性のCa、20年で100㎎以上減

厚生労働省は14日、2015年の国民健康・栄養調査結果の概要を発表、栄養素摂取量の年次推移を明らかにした。性別や年齢によって20年で摂取量が減少した栄養素が見られ、40~50代女性のカルシウム摂取量は100㎎以上減っている。


調査は昨年11月、3507世帯を対象に実施。20歳以上のBMI25以上の肥満者・・・

(詳しくは11月15日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


11月30日まで 早期割引申込み 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  2. 厚労省、新特保制度でQ&A集 表示違反で特保許可取消も
  3. 食品表示の4検討会、相次ぎ報告書 「機能性表示」は25日に決着
  4. DgS等立入調査、虚偽・誇大広告が増加
  5. 機能性食品開発で研究成果集
  6. 厚労省 残留農薬新制度が大詰め 11月に告示、来年5月実施
  7. 福岡県、健食試買調査で4品から医薬品成分
  8. 消費者庁 健康食品検討会を設置
PAGE TOP