ヘッドラインニュース

特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も

 経済産業省はこのほど、平成16年度の特定商取引法の執行状況の概要をまとめた。特商法に基づき経産省が行った昨年度の行政処分件数は、業務停止命令10件、指示6件で、過去最高の16件。業務停止のうち8件は電話勧誘販売によるものだった。今年3月31日には、表示の裏付けとなる資料を提出できなければ即違反とみなす改正特商法の規定を初適用、ダイエット健康酢を販売していた通販業者のサッポロ製薬に対し、3ヵ月の業務停止を命じた。

関連記事

  1. 日健栄協、安全性ガイドライン案を厚労省に提出
  2. TTC、「健康家族のニンニク健食で更年期症状緩和」と発表
  3. 厚労省、食薬区分改正で意見募集
  4. コグニスジャパン、オメガ3系脂肪酸原料市場に参入
  5. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  6. 抗酸化力の統一指標確立を目指す研究会が発足
  7. 厚労省、新特保制度で中間報告
  8. アガリクス、華麗に復活 ケンコーコムランキング
PAGE TOP