ヘッドラインニュース

特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も

 経済産業省はこのほど、平成16年度の特定商取引法の執行状況の概要をまとめた。特商法に基づき経産省が行った昨年度の行政処分件数は、業務停止命令10件、指示6件で、過去最高の16件。業務停止のうち8件は電話勧誘販売によるものだった。今年3月31日には、表示の裏付けとなる資料を提出できなければ即違反とみなす改正特商法の規定を初適用、ダイエット健康酢を販売していた通販業者のサッポロ製薬に対し、3ヵ月の業務停止を命じた。

関連記事

  1. ユニチカ、健康食品「サプリード」シリーズ拡充
  2. カゴメ、健食ブランド立ち上げ 第1弾はリコピン
  3. 厚労省 アレルギー表示義務品目 エビ・カニの追加を提案 23日の…
  4. 健食が取扱商品のトップに 競争激化で「踊り場へ」
  5. 健食安全性ガイドライン、業界統一案は今月末
  6. ベストアメニティ、ゴルフ場と命名権契約締結
  7. 生活科学研究所、メシマコブ菌糸体サプリで健食事業参入
  8. 国セン、大豆イソフラボン健食をテスト
PAGE TOP