ヘッドラインニュース

特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も

 経済産業省はこのほど、平成16年度の特定商取引法の執行状況の概要をまとめた。特商法に基づき経産省が行った昨年度の行政処分件数は、業務停止命令10件、指示6件で、過去最高の16件。業務停止のうち8件は電話勧誘販売によるものだった。今年3月31日には、表示の裏付けとなる資料を提出できなければ即違反とみなす改正特商法の規定を初適用、ダイエット健康酢を販売していた通販業者のサッポロ製薬に対し、3ヵ月の業務停止を命じた。

関連記事

  1. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
  2. 山之内製薬、健食販売子会社をアサヒビールに譲渡
  3. 健食懇、健食ユーザー対象に調査 64%が満足
  4. ミャンマー薬用植物、実用栽培スタート
  5. トヨタ、ユビキノンで特許出願 CoQ10市場参入は「ノーコメント…
  6. 安全性第三者認証、費用など不明
  7. 【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響
  8. 厚労省、食薬区分を改正 「EGF」等
PAGE TOP