ヘッドラインニュース

特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も

 経済産業省はこのほど、平成16年度の特定商取引法の執行状況の概要をまとめた。特商法に基づき経産省が行った昨年度の行政処分件数は、業務停止命令10件、指示6件で、過去最高の16件。業務停止のうち8件は電話勧誘販売によるものだった。今年3月31日には、表示の裏付けとなる資料を提出できなければ即違反とみなす改正特商法の規定を初適用、ダイエット健康酢を販売していた通販業者のサッポロ製薬に対し、3ヵ月の業務停止を命じた。

関連記事

  1. 雪印乳業、米国で「MBP」商品第1弾
  2. 総医研、博報堂と合弁会社設立へ サイト通じ特保の市販後調査
  3. 八雲香産、燃焼系サプリでエステルート本格参入
  4. 「関与成分不明確」食品、新制度への追加議論
  5. 1233号(2008年6月3日号)配信
  6. 改正特商法を閣議決定、メール広告など規制
  7. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  8. 都消費生活総合センター 健食相談概要まとめる 健康被害も報告
PAGE TOP