ヘッドラインニュース

薬学会、28日から仙台で 健食関連の発表100題以上

 日本薬学会第126年会が28日から30日までの3日間、仙台市で開催される。一般演題は過去最高の3604題で、このうち健康食品関連の発表は100題を超える。姫マツタケ、エゾウコギ、カバノアナタケ、マイタケ、ヤマブシタケ、冬虫夏草、ウコン、ユーカリ、クスのハガシワ、バナバ、イチョウ葉、クマザサ、沙棘、梅肉エキス、紅麹、ビルベリー、ブドウ種子、ケール、キトサン、ヒアルロン酸、L-カルニチン、α-リポ酸、CoQ10――など多様な演題が出揃った。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 日健栄協、特保見直しで要望書
  2. 第2回エグゼクティブ会議 サプリ新法制定へ前進 議連4役迎え意見…
  3. マンナンフーズ、民事再生手続きを申請
  4. 脂肪排出素材で“効果アリ” リコム、「キトグルカン」の作用証明
  5. 厚労省 栄養機能食品の基準見直し 下限値の大部分を改定
  6. 台湾産ニセ薬で健康被害、ステロイドを検出
  7. 日清ファルマ、「CoQ10+カルニチン」併用で体脂肪減少
  8. 健食受託市場、推計2900億円 本紙調査、「経営良好」は5割
PAGE TOP