ヘッドラインニュース

薬学会、28日から仙台で 健食関連の発表100題以上

 日本薬学会第126年会が28日から30日までの3日間、仙台市で開催される。一般演題は過去最高の3604題で、このうち健康食品関連の発表は100題を超える。姫マツタケ、エゾウコギ、カバノアナタケ、マイタケ、ヤマブシタケ、冬虫夏草、ウコン、ユーカリ、クスのハガシワ、バナバ、イチョウ葉、クマザサ、沙棘、梅肉エキス、紅麹、ビルベリー、ブドウ種子、ケール、キトサン、ヒアルロン酸、L-カルニチン、α-リポ酸、CoQ10――など多様な演題が出揃った。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 北海道バイオ工業会、国へ機能性表示を要望
  2. アピ創業100周年、野々垣孝彦新社長就任も祝う
  3. 「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す
  4. 東京都 健康食品で「利用上の注意」
  5. RJ公取協が20周年式典、130人が参加
  6. 通販協調査、健食含む「食料品」14ヵ月連続で前年同月上回る
  7. 厚労省 混合診療問題 規制改革会議に抗議 議論かみ合わず、火種残…
  8. 「リパミンPS」、米FDAよりGRAS取得
PAGE TOP