ヘッドラインニュース

「機能性表示」活用で健食輸出促進、懇話会発足


「日本の価値提示を」

機能性表示食品などの輸出促進を目指す「健康食品輸出振興懇話会」(主催:日本抗加齢協会)のキックオフセミナーが27日都内で開催され、「将来的には海外との相互認証にまで踏み込みたい」との声も聞かれるなど、健康を輸出産業に発展させる展望が議論された。ただ、健康強調表示は各国で制度・運用が異なることもあり、機能性表示を生かした輸出につなげるには課題もある。


消費者庁食品表示企画課長課長の赤崎暢彦氏は、「諸外国のヘルスクレーム当局や在日商工会議所と連絡しながら、日本と海外の制度の相互理解を進めている」ことを説明。一方、機能性食品制度は・・・

(詳しくは2月28日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 「ヒトエグサ」にダイエット効果
  2. 薬学会、28~31日に北海道で
  3. 三菱商事、米国健食市場をM&Aのターゲットに
  4. ファンケル、「300店舗体制目指す」
  5. 15年の青汁市場規模 1000億円の大台突破
  6. 食品安全委が調査 健食摂取経験者が7割に 黒酢、青汁など人気
  7. 公取委、ダイエット食品で排除命令
  8. CRN-J、厚労省監視指導・麻薬対策課の村上課長招き緊急企画
PAGE TOP